借金の怖さ

週刊誌のチラシ、電柱に貼られたチラシや郵便広告などで、「借金の整理やります」「多重借金をまとめたいですよね」と書かれたアピールを目にすることがありますよね。

これらは、「整理業者」「買取専門人」「紹介者」という名の業者の嘘広告の場合があります。

それらを頼んだ場合は自己破産申請の流れの中で最も大切な免責承認を受け取れないリスクもあります。

「整頓屋」というのはダイレクトメールなどで借金のある人を集め、高いサービス料をもらって負債整理をしますが、実際は整理は行われず、当人は一層の借金スパイラルに陥るケースがほぼすべてと言ってよいでしょう。

「買取専門屋」の場合負債人の借金でコンサートの利用券を山ほど注文させて債務者からそれらの商品を値段の3割から半分で買い直すという手口が知られています。

負債者は一時はキャッシュが得られますがまもなくカード業者による購入品の定価の支払い要求がくることになり、結局のところ借金額を増やす結果となります。

クレジット会社に対しての詐欺とされてしまい免責許諾をもらえません。

「つなぎ業者」というのはサラリーマン金融から断られるようになった借金者へ直接的な貸出は一切せずに、資金提供をしてもらえる他の業者を教えて、高額な紹介料を要求する業種です。

つなぎ屋は専門的な努力で融通可能になったかのように話しますが、何もしないまま、シンプルに調査の通りやすいルートを把握しているというだけなのです。

この場合でも本当は負債額を増加させる結末となります。
借金 生活苦